もうニキビは怖くない!

大人ニキビは思春期のニキビとは違う

ニキビの発生時期で異なる大人と思春期

大人ニキビとは

その名の通り、大人ニキビは大人になってから出来るニキビのコト。20歳過ぎから出来やすく、口よりも下に出来るのが特徴です。
発生原因は、ストレスや、偏った食事など生活習慣の乱れによるものが大きいと考えられています。

思春期ニキビとは

こちらは、ちょうど思春期(中学・高校)の頃に出来るニキビを総称して呼びます。大人ニキビよりも、上の額あたりに出来やすいのが特徴です。

発生原因は、成長ホルモンの影響が大きく、皮脂が過剰に分泌されることが原因と考えられています。それに加えて、みなさんも耳にしたことがあるであろう“アクネ菌”が毛穴に入り込み、化膿する原因となります。
思春期のニキビに出来るアノ赤いニキビはアクネ菌が原因なんですね。そのため対策はこの菌をどうにかすることが大切になります。

気をつけたいのは、お手入れの方法が違うということ

あまりご存じのない人もいると思いますが、ニキビケア化粧品も大人と思春期で異なります。有名な商品だと、プロアクティブという商品。CMなどでもよく広告が出ているので皆さんご存じだと思います。この商品は、思春期ニキビには、効果的だという話を耳にしますが、逆に大人ニキビだと悪化した・・・なんて話も聞いたりします。

もちろん、両方に共通したニキビケアの方法もありますが、自分の状態を把握しないで、広告やネットの情報を鵜呑みにしたスキンケアは悪化させる場合もありますので、しっかりと調べるようにしましょう。

また、
日常生活を見直すことの方が、下手なスキンケアを行うよりも効果がある場合も多いので、ニキビ改善は生活習慣からも合わせて、読んでみてください。

最新記事